住宅

可愛い顔したハクビシンに注意|対策が必要

もし見つけたら

蜂の巣

近づくだけで危ないことも

蜂の巣は夏から秋にかけて肥大化し、活動が活発化して警戒範囲も広がります。ハチは常に警戒しているので近くを通るだけでも標的にされてしまう可能性があります。刺されると最悪アナフィラキシーショックを起こして、死亡する例が毎年数件出ています。また、そこに住んでる人だけでなく、通りかかった他人にまで被害を及ぼすこともあるのです。自分の身どころか他人とのトラブルにまで発展したら元も子もないですので駆除してしまいしょう。ハチの巣を作られてないかどうか定期的に点検し、もし見つけたらプロに駆除を依頼しましょう。もし自分でも行えるのなら、専門業者でやり方についても相談を受けています。自治体では防護服をレンタルできるので頼めば貸してくれます。

どんな場所でも大丈夫

厄介なハチの巣は殺傷能力の高い特殊な薬剤を使って駆除します。仮に大事な道具や食物などを扱う場所で蜂の巣ができても安心です。殺虫剤を利用せずにハチの巣だけを撤去してハチは忌避剤で駆除もしてくれます。色んな被害状況に合わせて業者は臨機応変に対応してくれます。大人しいハチでしたら活動が終わるまで待つという方法もあります。ハチの巣は換気扇などの狭い場所にも作ってしまうため室内では薬剤が使えないこともあります。手が届きにくかったり非常に特殊な場所にハチの巣ができてしまったら、長年の実績がある業者で相談するのが良いでしょう。自治体や保健所に問い合わせれば信頼できる業者を紹介してくれます。インターネットでは業者ごとに口コミもチェックできます。