男の人

可愛い顔したハクビシンに注意|対策が必要

防護用の専用グッズが必須

ハチ退治を安全に行うためには、専用防護グッズの存在が欠かせません。アナフィラキシーショックなど毒の被害を避ける目的で、防護グッズを利用する必要があります。ハチの針を通さない特殊構造の手袋も重宝します。携帯型の毒吸引器も便利なので、ハチ退治の時は持参し応急処置のために使いましょう。

もし見つけたら

特に夏ごろの活発な時期は近づくだけで刺される恐れがあります。ハチの巣を見つけたらなるべく近づかず、問題が起きてしまう前にプロにハチの巣駆除を依頼しましょう。厄介な場所に作られた場合もプロの業者は対処してくれます。

イチオシサイト

  • 屋根裏害獣110番

    ハクビシン対策を施すことで害獣被害が防げます。この業者に依頼して作業を行ってもらいましょう。

安全に駆除する

ハクビシン

ハクビシンの多くは住宅の屋根裏などを住み家とします。屋根裏ということでハクビシンが住んでいることに気付かない場合があります。しかしながらハクビシンの特徴は同じ場所で糞をします。この糞により天上にシミができ、ようやくハクビシンが住んでいることが発覚します。このシミを放置していますと最悪の場合天上の板が腐って落ちてしまいます。対策としては専門業者がいますので駆除の依頼をすることです。また屋根裏は断熱材があり、この断熱材を破り寝床にすることが多くあります。このようなケースになりますと屋根裏は荒されてひどい状況となってしまいます。少し変な事に気付いた時は屋根裏などを確認して、早期の駆除をお勧めします。

ハクビシンの駆除については、近年ではインターネットで検索すると専門業者がすぐわかります。この時に数件の業者から見積もりを取り、最も最安値の業者を選ぶのも一つの策であります。また人気のある専門業者は駆除するまで依頼が多くて数日かかる場合もあります。このようなことも加味して業者を選ぶことをお勧めします。また駆除をした後の対策としては、ハクビシンが出入りする場所を特定することです。この対策をしなければ再度ハクビシンが侵入してしまうこととなります。ハクビシンは数センチの隙間があればそこから侵入してしまいますので、板などでふさいでしまう工法が多くされています。ハクビシンの対策についてはインターネットなどを参考にするのも良いと思います。

家庭でできるノミの駆除法

ペットなどの動物を自宅で飼っている家庭では、家の中にもノミが増殖している可能性も考えられます。ノミが原因でアレルギー性鼻炎など健康被害に合うこともあるので、早めにノミ駆除専門業者に依頼するようにしましょう。